ノワーレの塗り方を紹介します。

ノワーレの塗り方

ノワーレ(Noiret)をこれから試そうと思っている方はどんな塗り方でぬってどのようにマッサージをしていいか分からないですよね。ノワーレ(Noiret)の正しい塗り方やマッサージの方法をご紹介しましょう。ノワーレ(Noiret)の塗り方やマッサージ方法を知りたい方はご参考にしてください。

 

ノワーレ(Noiret)の塗り方

ノワーレ(Noiret)を初めて使用される方はどのような塗り方でぬっていいか分かりませんよね。ノワーレ(Noiret)の塗り方をご紹介しましょう。

 

まず、ノワーレ(Noiret)を500円玉くらいの量を手にとりましょう。そして、ケアしたい場所全体に優しくぬっていきます。お腹の周りは特に力をかけないで優しくなでるように注意しながら塗りましょう。

 

ノワーレ(Noiret)を塗る時には時計周りにゆっくりと塗りましょう。下から上にゆっくりと優しく塗りましょう。

 

引き上げる際には鼻から息を吸って、口からゆっくりと吐き出しましょう。深呼吸をすると気持ちが落ち着きますので落ち着いたらゆっくりとお腹の中心から外側へノワーレ(Noiret)を塗っていきましょう。

 

ノワーレ(Noiret)を塗っていて滑りが悪くなってきたらノワーレ(Noiret)を足していきましょう。

 

このようにノワーレ(Noiret)の塗り方はとても簡単で、優しく塗るようにして、リラックスをしながらゆっくりと塗りましょう。お腹が張っている時には無理をしないで様子を見ながらマッサージしましょう。

ノワーレ(Noiret)の効果的な塗り方

ノワーレ(Noiret)を効果的に使用するにはどのような塗り方で塗るのがいいのでしょうか?

 

ノワーレ(Noiret)は入浴後に塗るのが効果的なので入浴後をおすすめします。入浴後というのはお肌が軟らかくなっていますので、効果が期待できます。

 

入浴後、全身の保湿にノワーレ(Noiret)を使用しましょう。

 

ノワーレ(Noiret)を使っている方の多くは、朝と入浴後の1日に2回塗っている方が多いです。それ以外の時でも乾燥が気になった時に塗るようにしましょう。

 

お肌の状態は個人差がありますので、無理をしないで、自分の状態に合わせて塗るようにしましょう。

 

また、お腹以外にもお尻や胸といった部分にも塗ることもできますので、全身気になる部分に塗りましょう。妊娠線というのはお腹にできるイメージですが、お尻や太ももや二の腕、脇の下など、体の色々な部分にできます。

 

妊娠中には急激に体重が増加したりしますので、目に見えない部分にも妊娠線ができるのです。お腹が大きくなってくると、手を伸ばして色々な部分に塗るのは大変なので、ご主人にお手伝いをしてもらって塗ってもらいましょう。

 

ノワーレ(Noiret)は妊娠後のなるべく早い段階から使用するようにしましょう。

 

ノワーレ(Noiret)は保湿効果も期待できますので、産後、乾燥した場合の対策として使用するのもおすすめです。冬はお肌が乾燥しやすくて、日中は洋服の摩擦や紫外線が原因で肌トラブルが起こります。

 

朝起きた時に、ノワーレ(Noiret)で全身の保湿ケアをしましょう。できてしまった妊娠線を消したいという場合にも朝晩ノワーレ(Noiret)を使用しましょう。

 

↓ノワーレ(Noiret)の公式サイト
http://noiret.co.jp